冬になるとやたらと出るクリスマスソング集

先ごろ学生時代大ファンだったレベッカのボーカル、NOKKOさんが14年ぶりにアルバムを出したのに続いて、クリスマスソングのカバー曲アルバムを発売するというニュースが流れました。

彼女だけならず、この時期になるといろんなアーティストがクリスマス関連の曲を集めたあるいはクリスマスを意識したアルバムというのを発表し、それこそ関係者のボーナスを稼ぎだしています。

クリスマスソングと言えばやはり山下達郎さんの曲が何十年もトップに君臨しています。
しかし彼がそもそもあの曲を作ったきっかけは、それ以前に夏や海に関する曲のヒットが続いて「夏だ海だ達郎だ」というイメージがつきすぎていたため、それを払拭するために作ったのだそうです。

それが空前の大ヒットになり、奥様の竹内まりあさんもクリスマスソングで定番ヒット曲をもち、ほかのアーティストもとにかくこのテーマは売れるとばかりにこの時期にアルバムを出します。

人とのつながりを実感する時期だからなのか、ボーナス時期と重なってアルバムを買ったりプレゼントしたりしやすい時期だからか分かりませんが、なんだか当たり前になっているこの流れがちょっと残念に感じます。

そんな中で唯一すごいなと印象に残っているのはユニコーンというバンドが出した楽曲です。
「雪の降る町」というその曲は本当に雪が降るような穏やかなリズムを鈴の音が刻んでいますが、クリスマスのクの字も歌詞の中には出て来ません。
「年末」という歌詞が年の瀬を迎えて慌ただしい日本の冬の風景を美しく描いています。

別にお正月ソングのアルバム集を作ってくれという訳ではありませんが、冬と言えば…みたいにみんながクリスマスをテーマに選ぶのではなくもっといろいろな角度からアルバムや楽曲を作ってほしいなと思います。
lava 西宮北口

どんより天気!

今日はあいにくの雨、洗濯は乾かないし、あげくの果てにはジメジメまでして最近は、いい天気だったのに・・あっ!そうそう宝くじは買った?
私は、まだ買っていない。
今年こそは当ててやると思い買うけど全くあたる気配なし本当に当たるのかなと思う。
ナンバーズ買っても当たんないし、ロト買っても当たんないし、運が無いのかな最近は、楽しい事が無くていつも同じ毎日、皆もそうなのかな?
朝起きて、子供の朝ごはんを作ってそれから洗濯をして、なんかイイ事起きないかな。

今からクリスマスもくるし、正月も来るけど家計の財布は嵐が鳴り止まず(苦笑)
サンタさん私にもプレゼントプリーズいつかはイイ事あると信じて、毎日同じ繰り返しをしている。

ドキドキとかデートもしてみたいな・・
街中はクリスマスでカップルが手をつないで楽しそうでも、私は大好きな子供たちと手をつないでいるときあぁなんて幸せなんて小さな幸せを感じている。

一番大切な子供たちと美味しいご飯を笑顔でニコニコ食べているときが最高の幸せだと思う今日この頃。

これから皆で今日の夕ご飯を作り、皆でお風呂を入り、ご飯を食べて、寒いから暖かいお布団で皆でラブラブしたいと思います。
でわまた!リサラを販売してる薬局

スズメ会議が大規模化。

寒くなってくると、我が家の野鳥のえさ台を開業?します。

毎年、ツグミやヒヨドリ、シジュウカラなどが来るのを楽しみにしています。

今年は雪がまだあまり積もらないのですが、まあ一応初雪も降ったことだし、とエサを少し置いてみました。

そうしたら、スズメばかりが日に日に増えていく。

どうやらご近所のエサ場を巡回しているチームがあるらしく、買い物に出ると何箇所かでスズメの集団を見かけます。

ピチピチ、チクチク喋っているので「スズメ会議」と呼んでいます。

そこまでは微笑ましい光景で、楽しかったのですが。

家のイチイの木もスズメ会議になっていることに今日気がつきました。

しかも、40~50羽はいます。

家の中に居ても聞こえるくらいの大音量でピチピチ、チクチク。

人が通ると一瞬ピタッと鳴きやみますが、すぐまたピチピチ。

段々と人間にも慣れて来ちゃったようです。

もしかして…これは…結構ご近所迷惑なのでは…。

このままエサやりを続けるべきか、今ちょっと悩んでいるところです。
みどり酵素の口コミと効果を紹介

中国や韓国でも大人気のリラックマ

上海に来て間もない頃、町の文房具屋さんでリラックマのシールが売られていることに大変驚きました。
国は違えど、しかも反日の嵐が吹き荒れている頃であっても、やはりかわいいものは正義なのかと実感しました。

しかしながら手に取ってよく見るとシールのいわゆるセリフ部分(リラックマはかわいいクマの絵の他にカタカナやひらがなでセリフのようなものが書かれています)がなんとハングルなのです。
そんなあ……とびっくりしましたが、とりあえず絵のクオリティは日本のリラックマと同じだったのでまあ良しと(良くはないけど)しました。

後日また別の雑貨屋さんで、今度は完全にリラックマとコリラックマの画像なのですがリラックマではなくグリーンベアーだかなんだかとにかく別の名前が冠された小物を発見。
さらに同じお店の別のコーナーにはリラックマという名を冠しているが、どう見てもキャラが別物に劣化している商品を発見。
これはさすがにリラックマファンとしては許すまじ!と怒りに燃えるものの、すでにこの社会には商標権に対するリスペクトなんて概念はないことをいろいろ痛感しているので、反感は自分は買わないぞとプチ不買に留めることにしました。

たぶん本当にかわいいからリラックマが好きというちゃんとしたリラックマファンの中国人の皆さんも、あのお店の商品は買う気にならないと思います。
やはり日本から持ってきましたという感じの日本語のタグなどのついた商品の方が、人気もあるし喜ばれます。
ただちょっと高いので、地元製よりはクオリティの良い韓国製品を買っているのでしょう。
ハングル版まであるということは韓国でも大人気なのでしょう。

ファンとしてはいろんな国の人がリラックマでつながるのは素晴らしいことです。
サニックス社や作家の方の思惑はまた別にあるかもしれませんが、こちらで見知らぬ女学生が私のリラックマのマスコットをじーっと見つめているのとか見ると、かわいいものは国境を超えるなあと実感し、それが日本製であることが誇らしくもあるのです。
クラチャイダムブラック 口コミ

おうちが一番ですね

先月から、主人の仕事が忙しく、3週間ほど出張に行くことになりました。

結婚当初は、一日いないだけで、すごく寂しくて、早く会いたくてしょうがなかったんですが、子供が生まれてからは、特に寂しいって感じもなく、主人がいなくてちょっぴり嬉しかったり。

だって、自由なんですもん。

朝も、お弁当作らなくていいし、食事も適当でいいし、子供を寝かしつけたら、私の自由時間がいっぱいだし。

でも、ずっと子供と一緒だとストレスもたまるので、近所の実家に10日ほど泊りに行きました。

でも、うちの母は、ご飯を作らない人なので、私が作るはめに。

せっかく実家にゆっくりしに行っても、3食のご飯作り、食器洗い、買い物を全部私がやっているので、これだったら、自分の家にいたほうが良かったなと思いましたね。

子供は、おばあちゃんと遊べて楽しかったようですが、「おばあちゃん、ご飯作ってくれないね」と言っていました。

主人の実家では、沢山の料理でもてなしてくれるので、子供もなんでだろう?と思っているんですね。

しかも、早くお家に帰ろうとうるさいので、予定よりも早めに自宅に帰ってきました。

子供も、おうちが一番だねと言っています。

確かにそうだね。

おうちが一番ですね。

ゆうゆうかんのこうじ酵素

某コンタクトショップで。

先日コンタクトを買いにコンタクトショップへ行きました。
毎回そこで購入しているのですが、その日は珍しく若い女性の店員さんではなく、40代くらいの男性が接客をしてくれました。
処方箋の期限内だと診察なしにコンタクトを買うことが出来るのですが、有効期限内かどうかを覚えていなかったのでどうかなーと思いながら彼の接客話に付き合うことに。
長々と何か見え方不具合ありませんか?と色々と話してきたので、処方箋の期限内でそのまま買って帰れるのかなと思って、「処方箋の期限内なんですね?」と確認したところ、「若干処方箋の期限が切れています」との答えが。
切れているのであれば、長々と話さずにまず眼科へ誘導して欲しかったし、「若干期限が切れている」という間違った言い方も疑問でした。
なんだか要領が悪い人に当ってしまったなーと思いました。
不本意ながら店頭に立っている感をバリバリ出していた人だったのですが、そういう人に接客されるのもかなり不本意なんだけどなーと考えさせれました。

弟のシンガポールの土産話

仕事で実家のある街の近くに、3ヶ月ほど出張することになったので、久しぶりに実家に帰省してきました。
親には事前に電話をしていたんですが、弟には伝わってなかったらしく、仕事を首になって出戻りしたのかと心配されました。
まあ誤解はすぐ解けて、世間話をしてたんですが、どうやら弟がシンガポールに旅行をしていたそうです。
たしか、頭がライオンな魚のマーライオンがある国ですよね。
弟いわく、とても綺麗な街だったと言っていましたが、危うく捕まりかけたんだよと言われてすごくビックリしました。
シンガポールって、赤道近くの島国なので、年中高温多湿らしいです。
で、旅行ツアーで電車移動することになったらしいですが、汗をかいて喉が渇いたのでつい、ペットボトルの水を飲もうとしたんですって。
そうしたらガイドさんがすごい剣幕で止めてきて、ペットボトルを取られたとか。
なんでもシンガポールは街の景観を保つため、文化の違う民族が共存するために、法律がかなり厳しく、電車内や駅での飲食は、1回だけでも数万円の罰金が課せられるそうです。
ポイ捨てで罰金を取られるのは知ってたんですが、電車で水飲んだだけでも罰金とか、シンガポールって結構厳しい国だったんですね。
元から行く予定もありませんけど、シンガポールに行くのに、ちょっと抵抗を感じる話でした。

少しでも上達したいです

先日、テレビで全日本のバドミントンの試合をやっていたんです。
あまりメジャーではないスポーツですが、我が家の受験生で部活を引退した娘は、元バドミントン部なんです。
そして、私は、娘のバドミントンの試合を見ているうちに自分がやりたくなり、バドミントン歴1年弱なんです。
40代後半で始めたバドミントンです。
もともと運動神経も勘も悪いわけで、なかなか上達はしないんですが、少しづつルールもわかってきたところです。
学生時代は運動が大嫌いだったのに、大人になるとレギュラーも関係なく、苦しい基礎練習もないことから、心から楽しんでやっています。
お陰で、娘とはバドミントンの話ができるようになりました。
ところが相手は数々の試合に出て実績を残している為、バドミントンの話をするときは、いつも私の上目線なんです。
上下関係逆転です。
これも、バドミントンに関しては仕方のないことです。
でも、全日本の試合を一緒に3時間見ていたんですが、話が止まりませんでした。
今は、娘は受験の為、バドミントンをしていません。
高校になったらまた再開するそうです。
その間、私は、せめて娘の練習相手が出来るくらいまで上手になりたいと週に1回ですが、練習に励んでいます。
バドミントンのお陰で素敵な友人も出来ました。
もう少し若かったらもっと上達したかなと思いつつ、ラケットを振り回し、今週もシャトルを追いかけたいと思っています。

娘の新体操の発表会

先日、娘の習い事である新体操の発表会がありました。
今年の夏に始めたばかりの新体操でしたが、それよりも前に娘は興味があったのか、お風呂上りに柔軟体操をしていたので、元々習っていた子にも負けずと体がとても柔らかかったので、すんなり練習に取り組んできました。
好きこそ物の上手なれとはこのことだなーと感心しつつ、初めての発表会に行きました。
早朝娘を集合場所にお弁当を持たせて送り出しました。
少し緊張していた娘も、バス停でいつもの練習しているメンバーと顔を合わせると安心した様子でした。
始まりは午後1時でしたので、それに間に合うように主人ともう一人の娘と行きました。
会場は既に、大勢の人でしたが、娘のことはすぐ見つけられました。
初めてのレオタードに身を包み、リボンを片手に準備している娘を見るだけで涙が出そうでした。
2つの種目に出場しましたが、とても上手にそして元気いっぱい披露できました。
本当に良く頑張ったなと心からほめてやりました。
また来年の発表会も今から楽しみです。

初めての迷子

先日、私と2歳の息子と私の母と祖母とで大型スーパーに出かけました。
息子にとっては祖母と曾祖母なので、久しぶりに会ったのもあり、とても嬉しそうでした。
みんなで楽しくお昼ご飯を食べ、もうすぐクリスマスなのでおもちゃを見に行くことにしました。
おもちゃ売り場で息子は色んなものに興味を示し、はしゃいでいました。
私は少し離れたところで子供服を見ていました。
しばらくすると私の母が私の所に来て、「子供は?」と聞いていました。
私は母たちと一緒にいるものだと思っていたのでびっくりして「一緒にいたんじゃないの?私見てないよ」と言いました。
どうやら母が一瞬目を離した間に迷子になってしまったようなのです。
最初は、まぁその辺でおもちゃを見ているだろうと、探していましたが、10分くらい探しても見つかりません。
だんだん私も心配で焦ってきて、気づいたら子供の名前を呼びながら走って探していました。
お店の方に事情を話し、店内アナウンスをかけてもらいました。
「おもちゃ売り場はそんなに広くないのになんでこんなに見つからないんだろう、誘拐されてたりしたらどうしよう!」と私は泣きそうでした。
息子はレジのお姉さんに保護してもらい無事に見つかりました。
我が子の迷子がこんなにも怖いものだとは思ってもみませんでした。
生きた心地がしないとはこういうことなのかと思いました。
これからは絶対に息子から目を離さないようにします。