弟のシンガポールの土産話

仕事で実家のある街の近くに、3ヶ月ほど出張することになったので、久しぶりに実家に帰省してきました。
親には事前に電話をしていたんですが、弟には伝わってなかったらしく、仕事を首になって出戻りしたのかと心配されました。
まあ誤解はすぐ解けて、世間話をしてたんですが、どうやら弟がシンガポールに旅行をしていたそうです。
たしか、頭がライオンな魚のマーライオンがある国ですよね。
弟いわく、とても綺麗な街だったと言っていましたが、危うく捕まりかけたんだよと言われてすごくビックリしました。
シンガポールって、赤道近くの島国なので、年中高温多湿らしいです。
で、旅行ツアーで電車移動することになったらしいですが、汗をかいて喉が渇いたのでつい、ペットボトルの水を飲もうとしたんですって。
そうしたらガイドさんがすごい剣幕で止めてきて、ペットボトルを取られたとか。
なんでもシンガポールは街の景観を保つため、文化の違う民族が共存するために、法律がかなり厳しく、電車内や駅での飲食は、1回だけでも数万円の罰金が課せられるそうです。
ポイ捨てで罰金を取られるのは知ってたんですが、電車で水飲んだだけでも罰金とか、シンガポールって結構厳しい国だったんですね。
元から行く予定もありませんけど、シンガポールに行くのに、ちょっと抵抗を感じる話でした。